住宅情報センター TOP住宅 >住宅ローンと頭金

住宅ローンと頭金

住宅ローンを組むにあたり、「頭金」といったものがあるのをご存知でしょうか。住宅ローンは、頭金としていくら支払うことができるかによっても、月々の支払いやローンの年数なども変わってくるのです。例えば、3000万円の住宅を購入するにあたり、頭金を300万円支払った場合の借入金額はおおよそ2700万円となります。それに比べて、頭金を1000万円支払った場合には、借入金額は2000万円となります。つまり、頭金を多く支払うことで、借入金額を抑えることができるのです。

借入金額を抑えることにより、幾つかのメリットも生じてきます。借入れ金額を少なくするということは、住宅ローンの返済にかかる期間を短縮することができたり、月々の支払いを抑えることができます。また、住宅ローンを抑えることにより、金利なども抑えることができることから、実際に返済金額として支払う金額も大きく抑えることができるのです。
頭金を多く支払うことで、借入金額を抑えることができることから、頭金をより多く支払おう、という人もいるでしょう。しかし、ここで気をつけなくてはいけないのが、頭金にお金を使いすぎて、住宅を購入した後に必要な生活費や諸費用などのお金がなくなってしまってはいけません。

住宅ローンを組む際には、どんなことにいくらくらいの費用が必要なのか、そういったことを考えた上で、頭金として支払う金額を決めるとよいでしょう。

    管理人のおススメサイト情報

  • 暑さ寒さに対応したRC外断熱を採用した住居建築をお考えなら、蓄熱量の大きさを生かし小さなエネルギーで室内温度差の少ない室内環境を実現できるこのサイトがおすすめです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 住宅情報センター All Rights Reserved.