住宅情報センター TOP住宅 >住宅ローンと金利

住宅ローンと金利

住宅ローンを組むにあたり、気になることのひとつが「金利」ではないでしょうか。住宅ローンを組むにあたり、金利によってローン返済に支払う金額も変わってくることから、言われるがままのプランを立てるよりは、金利について知識を得た上で、納得のいく金利を設定する必要があります。
金利を選ぶにあたり、まずは金利にはどのような種類があるのか見てみましょう。金利には、大きく分けて、固定金利と変動金利というものがあります。固定金利の中には、全期間固定と段階金利型の2つがあります。全期間固定の金利は、住宅ローンの返済の期間の金利が一定であることから、返済プランを立てやすいというメリットがあります。また、段階金利型では、最初の10年は一定の金利だけど、11年目から金利があがるといったものがあります。金利があがるものの、低金利の時に住宅ローンを組むことで、金利上昇を抑えることもできます。

また、変動金利には、変動金利と上限金利特約という2つの種類があります。変動金利では、低金利の時には支払う金利が少ないので、金利を抑えることができるというメリットがあります。それに比べて、上限金利特約では、ある一定期間は上限金利に設定されている金額以上は金利が上がらないことから、万が一金利が上昇しても、安心して住宅ローンを返済することができます。

それぞれの金利の特徴やメリットを知った上で、自分にぴったりの返済プランを立てましょう。

    管理人のおススメサイト情報

  • 契約者の負担を軽くしてくれる初期費用(敷金・礼金・仲介手数料等)無料で鹿児島で賃貸物件を探すならゼロハウスを検討してみてはいかがでしょうか。ゼロハウスなら初期費用無料でデザイナーズマンションやアパートなどの物件を扱っています。ぜひご覧ください。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 住宅情報センター All Rights Reserved.