住宅情報センター TOP住宅 >自然素材の住宅

自然素材の住宅

住宅を選ぶ中で、最近では「自然素材の住宅」といったものも注目を浴びています。
住宅を建てるにあたり、コストを抑えるがために科学建材を多量に使った工業化住宅が数多く建てられてきました。「住宅」というものは、安い買い物ではないことから、少しでも価格を抑えて購入したいという、利用者のニーズにあわせて作られてきたものとなりますが、価格を抑えることができても、結果的に体や地球に害を与えてしまう住宅となってしまうのです。こういった住宅は、「シックハウス」とも呼ばれています。

そんな中、最近では、体にも地球にも優しい「自然素材」の住宅が注目されています。自然素材の住宅では、こういった科学建材を使用せずに、自然の素材を使って建てられています。土や木材、草、瓦、紙など、まるで昔の家を建てるために使われた素材を生かし、さらに現代のニーズにも見合った自然素材の住宅が最近では増えているのです。コストを抑えた現代の住宅は、コストを抑えて短期間で住宅を建てることができますが、プラスチックなどの素材は20年もすれば劣化が始まってしまうことや住宅が燃えた際には有毒ガスを発生してしまうこと、呼吸をしない科学ボードなどが使われています。
それに比べて、自然素材の住宅では、しっくいを利用した呼吸のできる壁や劣化の少ない天然石、コルクを利用した断熱材などが使われています。
毎日暮らす住宅だからこそ、体にも地球にも優しい住宅に暮らしたいものですよね。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 住宅情報センター All Rights Reserved.